top of page

いつの間にか、春。

これまでも、なかなか忙しい人生でした。

仕事でも私生活でも、暇を持て余したことがないように思います。

数々の節目や転機も慌ただしく過ぎ去り、すべては忘却の彼方…。


母がいつも言います。

「忙しいということはありがたいこと」

私もそう思っています。

そのうちイヤでもヒマになるなら、せっかくの忙しさを楽しもうと。


でも、さすがに忙しすぎると思うんです。

人生最大の、過去に例を見ない「ひとり大繁忙期」です。

年度末の業務を予測して、年明けから準備を始めたわけですが、

ここまで毎日のようにイレギュラーな事態に見舞われると

時々変な笑いが出てしまいます。


そんなわけで。

桜が好きなくせに桜を鑑賞するヒマのない私の車に、

いつの間にか春が来ていました。

自宅マンションの駐車場には、梅の木と桜の木があります。


見上げればうぐいす。

梅にうぐいす。

リアル花札です。


この梅が散る頃、7~8メートルほど離れた場所にある桜が咲き始めます。

私の車は、そんな梅と桜の間に駐車しています。

これもまた、ありがたいことです。


Opmerkingen


bottom of page