top of page

アンスリウム

1年前、開所のお祝いにいただいた観葉植物。

サイズの大きいものは2Fの作業室に置き、比較的コンパクトで、

かわいらしく寄せ植えされたものを3FのOFFICEに置いていました。

普段、職員全員が必ず通る場所に飾っているのですが、

日々何度もバタバタと通り過ぎるだけで、なかなかかまってあげられません。


3連休の初日に出勤して、休日にしかできない業務をせっせとこなしつつ、

ふと、新年の水分補給を怠っていたことを思い出し、寄せ植えの植物たちに、

「2023年もお互い元気で頑張ろうね」なんて話しかけながら、

いつもより少しだけ丁寧にお水をあげていたら…。

いつの間に???

いただいた時に咲いていた花は、半年ほどでみんな萎れて落ちてしまって、

次の花が咲いてくれるなんて想像もしていなかった(想像できるほどの知識もありませんが)ので、

驚きからの、嬉しい気持ち、からの、「ごめんなさい」と反省。

せめて蕾の時に見つけてあげることができていれば、開花を楽しみに待つことができたのに。

待っていると知ったら、もっと大きな花を堂々と咲かせてくれたかもなのに。


「どんな小さな変化も見落とさず見逃さず見過ごさず」

利用者さんに対しては職員全員が常日頃から意識していることなのですが。

植物に限らず、ですね。

アンスリウムさん、教訓とさせていただきます。

ありがとうございます。





Yorumlar


bottom of page