top of page

今日は雨でした。

外のお天気が、ではなくて…。

BRIstの作業室の床に、無数の雨の雫が落ちました。

その雨は、ある利用者さんの目から落ちたものでした。


難しいです。

こういう時に、自分の無力さを痛感します。

もともとコミュニケーションが苦手な子なんです。

でも、首を縦横に振ることでYes/Noを伝えてくれます。

必要に応じて、スマホを使って文字で会話したりもしますが、

今日はどれもが機能しませんでした。

なので、大粒の雨がたくさん降ってしまったのです。


しばらく声を掛け続けた結果、Yes/Noが復活し、30分後には雨は止みました。

でも、雨が降った原因は最後までわかりませんでした。

帰り際、「また明日ね」と声を掛けると、わかりやすいYesを表現してくれて、

少しだけホッとしています。


ずいぶん昔。

40年以上も前のことです。

私の弟も、時折謎の雨を降らせては床を濡らしていたことを思い出しました。

胸の奥がチクチク痛くて、なんとも切ない気持ちになったのは

あの床に落ちた雨の雫がオーバーラップしたからなのかもしれません。


私の雨雲レーダーの性能を高めて、明日からまた頑張ります。






Comments


bottom of page